AGAとは?

  1. >

AGAとは?

AGA(Androgenetic Alopecia)とは、「男性型脱毛症」のことをいいます。
日本人男性の3人に1人が悩んでいるといわれており、思春期以降に発症します。
多く見られる症状として、M型とO型があります。M型は、前頭部の左右が後退する症状で、いわゆるM字のことをいいます。O型は、頭頂部から薄毛が広がっていく症状です。
発症する年齢・部位・進行スピードに個人差がありますが、早いと10代から発症する場合もあります。

AGAの進行パターン
ハミルトン・ノーウッド分類

AGAの原因

AGA(男性型脱毛症)は、ヘアサイクル(毛周期)の乱れにより発症します。様々な要因で変化を受けた男性ホルモンが毛根に悪影響を及ぼすためです。
ヘアサイクルには、「成長期」「退行期」「休止期」があり、正常時であれば2~6年程度成長期が続きます。成長期は、毛母細胞の分裂が活発に行われる期間で、太く長い髪が成長する期間です。その後、髪の成長が止まる退行期(2週間程度)を経て、成長を終えた髪が抜け落ちる休止期に移ります。休止期は3~4ヶ月程度続きます。
しかし、ヘアサイクルが乱れると成長期が数カ月から1年程度で

終わります。成長期が短いと十分に成長する期間がないため、細く短い髪が増えていき、薄毛状態が進行していきます。
また、ヘアサイクルが繰り返される回数は15回程度といわれています。そのためヘアサイクルが最後の周期を終える前に対処しないと、その毛根からは発毛しなくなるといわれています。

ヘアサイクルを乱す主な要因

男性ホルモン

AGAの最も大きな原因として考えられています。男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素によりジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換されます。ジヒドロテストステロンが毛根に入り込み、毛母細胞にある受容体に結合することで、髪の成長を抑制するといわれています。

  • ストレス
    髪の成長を妨げることがあります。 ストレス過多により自律神経やホルモンバランスが崩れると血管が収縮し、血行が悪くなります。血液には髪に十分な栄養を毛根に運ぶ役割がありますが、血行が悪化すると髪に十分な栄養を行き渡らすことができなくなります。
  • 不規則な食生活
    髪の成長に必要な栄養素であるタンパク質・ミネラル・ビタミンを摂取することが大切です。また、油分や塩分の多い食事はAGAの症状を進行させやすくしたり、血行を悪化させることがあります。
  • 不規則な生活習慣
    十分な睡眠や適度な運動も大切です。慢性的な睡眠不足は髪の成長を促進するホルモンの分泌を阻害するだけではなく、血行を悪化させます。また、運動不足は新陳代謝を悪化させます。また、血中の酸素濃度が低下することで、頭皮の細胞に届けられる酸素の量の減少します。
  • 喫煙
    髪の生成を助けるビタミンCを破壊します。また、ニコチンは毛細血管を収縮させ、血行を悪化させます。そのため髪の成長に必要な栄養を十分に行き渡らすことができなくなります。
  • 飲酒
    髪を生成するためのタンパク質を不足させます。髪の生成にも必要なアミノ酸がアルコールを分解するために使われるためです。また、アルコールを分解する過程で生成されたアセトアルデヒドには、頭皮に届けられる酸素や栄養を減少させる働きがあります。

まずは知ることから セルフチェック

AGAの治療法

AGA・薄毛対策には様々な商品や対処法がありますが
本当に発毛効果を実感できるものは医学的根拠に基づいた治療のみです

- AGAの治療法比較 -

AGA・薄毛は進行性です!!
ヘアサイクルの寿命は15回程度といわれています。
早めに対処することで発毛までの期間を短くできるだけではなく
発毛にかかる費用も抑えることができます!

治療一覧をみる

あなたの頭皮状態を
医師が無料で診断します。
まずはご相談ください。

- お電話でのご予約・お問い合わせはコチラから -
0120-898-848
【受付時間】11:00~20:00 (年中無休)